医師の求人転職はコツがある

医学部で医師免許を取って晴れて医師になっても、どこに就職するかは悩ましいことだと思います。以前は派閥などがあり、出身大学によって配属先などが決まることもありました。最近ではそのような傾向が解消されつつありますが、依然として派閥は強いです。基本的に県立病院などで働く医師は地方公務員で、ボーナスなどがあります。

 

一方、私立病院などでは十分にもらえないこともあります。そのため、求人があった場合には、県立病院を視野に入れると良いでしょう。県立病院から私立病院へ転職する人もいます。ただし、よほど技術が優れていない限りは、安定している県立病院を選択すると良いでしょう。医師は技術によって給料も桁違いに変わってきます。

 

高齢化社会の進行とともに、医師の需要はますます高まってきています。そのため、医師免許さえあれば就職できないということはまずありません。私立病院では求人票が出されているときに申し込みますが、つてがないと入手できないということもあります。コネが必要となってくるのです。

 

純粋に医師として働きたいのなら、県立病院が良いでしょう。転職する場合には、ハローワークなどで求人票を確認してみると良いでしょう。ハローワークの職員は転職のプロなので、自分のスキルを生かせた仕事を探すことができます。免許を持っていても、全く関係のない職業に就く人もいます。自分の経験などを含めた適性を考えることが必要となってきます。